カメレオン情報: Kinyongia Oxyrhina シャープノーズカメレオン

保護状態

<=====安定 

絶滅危惧 =====>

学名Kinyongia Oxyrhina

英名Eastern Arc Sharp-nosed Chameleon

和名シャープノーズカメレオン

イラスト

説明画像

特性

特徴

外見的特徴はオスに平たく青い角が生えていることです。角ですが結構柔らかいです。iNaturalistのページにはRednose Chameleonとありますが、おそらく誤植であると思われます。全長は15cm程度で小さめです。

その他の特徴としてはまぶたがところどころ赤く染まっています。

似ている種と見分け方

特にありません。

生息域

この種はモロゴロのUluguru山、およびイリンガのUdzungwa山脈に生息しているカメレオンです。

Redlistでは標高1400mから1850mが生息域とされています。基本的に人間が住むエリアには生息しておらず、森林のみですが、Uluguru山西部のBunduki村から山に入り、少ししたところにある村付近まで生息しているため、ここの村人に頼むとすぐに見つかるでしょう。

Bunduki村は以下のマーカーの場所です。

アクセスに関する詳細情報はMorogoro情報を参照ください。

 

見つけられる場所

川の近くの木にいるようです。

Bunduki村の住人に頼めば森まで入って探してくれます。

 

リンク

新着記事