カメレオン情報: Kinyongia Tavetana タベタヌムカメレオン

保護状態

<=====安定 

絶滅危惧 =====>

学名Kinyongia Tavetana

英名Kilimanjaro Blade-horned Chameleon

和名タベタヌムカメレオン

イラスト

説明画像

特性

特徴

このカメレオンはArusha州のMeru(メルー)山付近と、Kilimanjaro州のKilimanajaro(キリマンジャロ)山付近に生息しています。

特徴は二つ角です。

このカメレオンを飼育しているArusha在住の日本人の方曰く、このカメレオンの特技は飛び降り自殺だそうです。

※手に取ると、すぐに飛び降りて逃げ出すからだそうです。

似ている種と見分け方

他の二つ角カメレオンと比較して小さく、背中にクレストがありません。

二つ角カメレオンの中で背中にクレストがないのはこの種の実ですのですぐに見分けがつきます。

二つ角カメレオンの見分け方も参照ください。

生息域

Arusha州のMeru(メルー)山付近と、Kilimanjaro州のKilimanajaro(キリマンジャロ)山付近に生息しています。

農村部にも適応している種なので、山の中に入らずとも農村部の生垣や低木で見つけられます。

また生息数も多いので村人に頼めばすぐに見つけてくれるでしょう。

生息域の詳細はArusha情報Kilimanjaro情報を参照ください。

見つけられる場所

農村部の生垣の地表から1~3m付近のところによくいますが、さらに高いところ(8m付近)にもいるようです。

また水場の付近でなくても生息しているようです。

リンク

新着記事