カメレオン情報: Kinyongia Uluguruensis ウルグルツーホーンカメレオン

保護状態

<=====安定 

絶滅危惧 =====>

学名Kinyongia Uluguruensis

英名Uluguru Two-horned Chameleon

和名ウルグルツーホーンカメレオン

イラスト

説明画像

特性

特徴

このカメレオンはMorogoroのUluguru山に生息しているカメレオンです。

特徴は平たい二つ角でオス、メスともに角が生えています。

体色は一般的な黄緑で、体の背中側に白いラインが入っています。

他の二つ角のカメレオンと比較して小さめですが、Kinyongia Tavetanaよりも少し大きいようです。

似ている種と見分け方

2本角カメレオンではKinyongia Tavetanaとサイズが近いですが、背中のクレストの有無で見分けがつきます。

Tavetanaはクレストがないですが、この種は背中の途中までクレストがあります。

生息域

MorogoroのUluguru山にのみ生息しています。

簡単に見つけられるのはUluguru山西部のBundukiキャンプ場のさらに奥の村です。

詳細はMorogoro情報を参照ください。

村人に頼めばすぐ見つけてくれるでしょう。

見つけられる場所

他のカメレオンと同様地表1~3mくらいの木の枝で生息しているようです。

リンク

新着記事