カメレオン情報: Kinyongia Uthmoelleri ウサモエリーカメレオン

画像なし Flickerで検索

保護状態

<=====安定 

絶滅危惧 =====>

学名Kinyongia Uthmoelleri

英名Hanang Hornless Chameleon

和名ウサモエリーカメレオン

イラスト

説明画像

特性

特徴

このカメレオンはHanang山、Ngorongoro Conservation Area, South Pare Mountainに生息しています。

オレンジ色の斑点のような模様が入ることと、カスク(後頭部の烏帽子のような形状)がタンザニアに生息している種類の中では高いです。

体の中央よりやや外側に白いラインが入ります。

似ている種と見分け方

カスクの高さ具合でほかの種と区別できると思います。

生息域

上記のとおり、Manyara州のHanang山近辺に生息しているようですが、管理人は観察したことがありません。

生息できる標高は1700m~2500m程度とHanang山の麓が生息域ギリギリですが、生息域の南部側(メインの村側)に住んでいる村人に聞いた限り見たことがないということです。

Red list情報だと森林でのみ生息できる主のようですので、村人が見たことがないだけで森には生息しているのかもしれません。

また、South Pare Mountainで探索は行っていませんが、緑が豊かなそちらのほうが生息数が多いかもしれません。

生息域の詳細はManyara情報を参照ください。

見つけられる場所

他の一般的な種と同様1~3m程度のところに生息しているものと思われます。

リンク

新着記事