カメレオン情報: Rieppeleon Brevicaudatus ヒゲカレハカメレオン

保護状態

<=====安定 

絶滅危惧 =====>

学名Rieppeleon Brevicaudatus

英名Bearded Pygmy Chameleon

和名ヒゲカレハカメレオン

イラスト

説明画像

特性

特徴

このカメレオンはTangaの東ウサンバラやMorogoroのUluguru山に生息しているピグミー(コノハ)カメレオンです。

顎の下にヒゲのような小さな突起があることが特徴です。

似ている種と見分け方

ヒゲが生えているピグミーカメレオンはこの種のみです。

生息域

Tangaの東ウサンバラ、MorogoroのUluguru山、Nguru山に生息しています。

個体数が多いので結構すぐ見つかると思われます。

エリアの詳細は、Tanga情報Morogoro情報を確認ください。

見つけられる場所

他の一般的なピグミーカメレオンと同様、昼間は地表で生活しており、夜間に地表10~30cm程度の木の枝で寝ているようです。

リンク

新着記事