カメレオン情報: Trioceros Tempeli アゴヒゲカメレオン

保護状態

<=====安定 

絶滅危惧 =====>

学名Trioceros Tempeli

英名Udzungwa Double-bearded Chameleon

和名アゴヒゲカメレオン

イラスト

説明画像

特性

特徴

外見的な特徴はあご(喉部)にたくさんのヒゲが生えていることです。このひげは見た目に反しとても柔らかいものです。またひげが生えたカメレオン(ピグミーを除く)はタンザニアではこの種類だけですので、ひげの有無で同定が可能です。※ひげは複数の列に並んで生えており、その他のカメレオンにもあるクレスト(一列に並んだトゲ状の皮膚)とは異なりますので注意が必要です。

似ている種と見分け方

あごひげが生えているのはこの種だけ。

生息域

生息域は標高1700m~2200m付近の高原地帯で、イリンガのUdzungwa山脈と、ンジョンべにいます。

村にも適用している種なので、このエリアの村に行き、村人に頼むとすぐに見つかるでしょう。イリンガはMufindi付近、ンジョンべは市街中心部西側の川付近がアクセスがよく見つけやすいです。

以下のマーカーの箇所で観察記録があります。

エリアに関する情報はNjombe情報Iringa情報を参照ください。

 

見つけられる場所

redlistによると地表1.5m付近のところ付近にいるとありますが、私が見たことあるのは2mを超えるところにもいました。

川の近くですぐに見つけられるでしょう。

 

リンク

新着記事