赤く染まる!?石化する!?ナトロン湖へのアクセスと費用情報

ナトロン湖はタンザニア北部(ンゴロンゴロ保全地域の北側)にある強アルカリ塩湖です。グレートリフトバレー(大地溝帯)の一部となっています。

湖の大きさは降水量によって変化しますが、最大で長さ57km, 幅22kmほどです。水深は3m以下です。

ナトロン湖南部には活火山であるオルドイニョ・レンガイ(神の山の意味)がそびえ立っています。この山のマグマは炭酸塩鉱物が豊富で溶岩は低い温度で噴出するため、マグマは黒色に見えます。

オルドイニョ・レンガイ

赤く染まるのか?

ナトロン湖は赤く染まると聞いたことがあるかもしれません。下の写真が赤く染まった時のナトロンです!!

View this post on Instagram

Озеро Натрон – настоящий природный феномен, пугающий своими свойствами. Он состоит из соли и щелочи, что превращает водоем в опасное место☠️ Из-за сильных испарений и выбросов вулкана ЛЕТОМ значительно повышается концентрация соли и соды🧫, отчего на поверхности всюду образуются минеральные кочки Они придают местности живописность, которую вряд ли можно встретить где-то еще 📸 Озеро Натрон является домом всего лишь для 3 видов микроорганизмов, а также местом рождения 75 % фламинго, живущих на Земле. Для “детей заката” это идеальное место – из-за повышенного баланса соли, хищники и другие птицы стараются не приближаться к озеру. ⠀ ☝️Для того, чтобы увидеть фламинго в Танзании, лучше прилететь к Натрону летом – это период размножения у птиц ⠀ Для подбора сафари тура пишите в Директ👉👉 WA +7912-25-208-25 Елена

A post shared by Сафари в Танзинии с Занзибара (@tanzania_safari.ru) on

なぜ赤く染まるのかを簡単に説明します。ナトロン湖から水の流出する川はなく、北部の皮からの流入と固定からの湧き水、湖面からの蒸発により水量が変化しています。乾季には水量が減り塩分濃度があがります。高い塩分濃度を好む微生物が増殖し、その微生物の持つ赤い色素が湖の赤みを作り出します。

さて、湖が赤く染まるのはわかりましたがナトロン湖は広大です。どこで見ることができるのでしょうか?下の写真はNASAが撮影した衛星写真です。

2017年3月撮影
上の拡大写真

雨季の直前に撮影されたもので、水分量が一番少ない時期です。すなわち最も赤く染まっていると思われる時期の写真ですが、南岸部は染まっていません。南岸部にマサイ族の村が点在しており、ここにしかキャンプ場等がないためタンザニア側からのツアーではここかrナトロン湖を見ます。そのため通常のツアーでは赤く染まったナトロン湖を見ることができません。

どうしても赤く染まったナトロン湖を見たい場合はヘリをチャーターする必要があるようです。

フラミンゴ

しかしながらいつでもフラミンゴはいるようなのでフラミンゴを見たい場合は訪れてみるといいかも。

ちなみにフラミンゴはコフラミンゴとオオフラミンゴの2種類がいるようで、ナトロン湖はコフラミンゴが継続して行う唯一の繁殖地とのことです。

石化する!?

以下の写真が石化した鳥の写真です。ほんとにこんなことが起きるのでしょうか??

View this post on Instagram

. PETRIFIED SONGBIRD, LAKE NATRON, 2012 . To take a portrait of an animal alive again in death, in the place where it lived and died. The portrait of an animal that I would never have been able to get close enough to otherwise. This was part of what obsessed me when I first unexpectedly found petrified birds and bats washed up along the shoreline of Lake Natron in Tanzania. . No-one knows for certain exactly how the animals die, but it appears that the extreme reflective nature of the lake’s surface confuses them, just like a plate glass window, causing them to crash into the lake. The water has an extremely high soda content, so high that it would strip the ink off my Kodak film boxes within a few seconds. The soda and salt causes the creatures to petrify, perfectly preserved, as they dry. . I took these creatures as I found them on the shoreline, and then placed them in ‘living’ positions, bringing them back to ‘life’, as it were. Reanimated, alive again in death. . In the instance of the bird, we placed it on a branch pushed into the shallow water of Lake Natron – photographing its portrait far closer than I ever could if it was alive. . Shot as on medium format black and white film, the photograph is published in “Across The Ravaged Land”, available on Amazon. . #nickbrandt #nickbrandtphotography #lakenatron #songbird #petrified #acrosstheravagedland

A post shared by Nick Brandt (@nickbrandtphotography) on

この写真は Nick Brandt という写真家が撮影したもので、湖に落ちて死んだ鳥が長い時間をかけて石灰化したものが湖岸に打ち上げられているものを見つけ出し、それを木の上において撮影したもので、自然にこの状態になったわけではありません。写真はいつも誇張するものです。

しかしながら死んでこの湖に浸かったものはこうなるのは本当です。

湖岸を散策したらもしかしたら見つけられるかも!?

ナトロン湖へのアクセスと費用

ナトロン湖へは湖近くの村まで向かうローカルバスがArushaから出ています。しかしながら一部の入場料(WMA: Wildlife Management Areaに入るための料金)を事前に支払う必要があったり、その他の料金をいくつかのゲートで支払う必要があったり手間と時間がだいぶかかります。よっぽどタンザニアに慣れた人でない限り発狂してしまうでしょう。旅人は素直にツアー会社に頼んだほうが良いです。

かかる費用は以下の通りです。

入場料等

  • Ngaresero gate entry fee : $15 per person
  • Longido gate entry fee : $10 per person
  • Engaruka gate entry fee : $10 per person
  • Wildlife Management Area Eentry fee : $10 per person + 18% VAT
  • Vehicle entry rate :10,000 tsh + 18% VAT

そのほか

  • レンタカー代 : 600USD(トヨタのランドクルーザー7人乗り)
  • 宿泊費:キャンプでも20USD~ @ Maasai Giraffe
  • 食事代:10USD/食 ※宿のごはんは大したものが出てこないのにとんでもなく高額です。
  • ドライバー代とツアー会社の利益 : ??

車は4WDのオフロードを走れる車がおすすめです。ものすごく凸凹の道を走りますので、車高が高いほうがいいです。雨季には多分川も渡ります。

ホテルはいくつかありますが、テントをレンタルしてくれるキャンプが一番安いです。Maasai Giraffeがおすすめです。ちなみにここの宿のごはんは高いわりに大したものが出てこないのでローカル飯を外に探しに行くか、持参するのがいいです。

あともう一つ疑問なのがナトロン湖までのルートがナトロン湖の南側から行くルトと東側から行くルートの2つあります。東側から行った際に通ったゲートが一つだけだったので、もしかした上に書いたゲート入場料のうち二つは払う必要がないかもしれません。ツアーを申し込むときにどちらのルートで行くのか確認し、ゲートを通った時のレシートを確認したほうが良いと思います。ゲート入場料がかかってなかったら返金してもらいましょう。タンザニアのツアー会社は気付きにくいところでぼったくりをしてきます。

以前7人で行ったときの費用が一人当たり300USDぐらいでした。

300USDかかるならもう少し出してサファリに行こうかなと考えてしまうのは私だけでしょうか?笑

以上ナトロン湖の概要でした!